1級建築&電気工事施工管理技士2次検定は10/16(日)です

1級電気工事施工管理技士 二次検定解答速報はあるのでしょうか?

  • URLをコピーしました!

令和4年度1級電気工事施工管理の二次検定は10月16日(日)に実施されます。

受験される方は頑張ってください。

試験問題は通常は翌日には公表されます。

合格発表は令和5年1月27日(金)です。

長いですね~待ち遠しいでしょうね。

\ いまなら割引特典あり! /

目次

解答速報掲載しているホームページ

試験問題はこちらのページでも見ることができます。

二次検定は記述式のため、画一的な解答ではありませんので、解答としては公表されません。

ただし、上記のような専門学校などでは受験者向けに解答例を配布しているところもあるので

ほしい方は登録してみるのもひとつですね。

Twitterなどでも受験者の意見が見れるかもしれません。

昨年までの過去問題、1次検定の解答は以下のページでダウンロードが可能です。

二次検定の対策として有効なのは経験記述の添削

施工管理技士の二次検定は記述式試験が中心となります。

特に、経験記述などはしっかり内容を把握してすらすらと書けるようにならないといけません。

勉強時間を取ることが難しい建設系技術者は特に第三者から添削をうける、外注化するなど時短を図るととても効果が出ると思います

二次検定対策の解説ページは下記にあります。

仕事をしながら勉強時間の確保が難しい方や施工経験記述を作るのに手こずっている方は、
SATの通信講座や独学サポートを利用すると時間を有効活用できておすすめです。

◆SATの通信講座を利用

通信講座SATの施工管理技士講座では標準で施工経験記述の添削サービスを行っています。

  1. 厳選されたテキスト
  2. 短時間でスキマ時間に学習できるE-ラーニングやDVD
  3. 質疑応答もでき、疑問を直ぐに解決
  4. 原田メソッドによるモチベーション持続
  5. 施工経験記述の添削が標準でついてくる
  6. 独自のトリプル保証

◆独学サポート事務局を利用

独学サポート事務局では施工経験記述を作ってくれる作文代行サービスというものを行っています。このサービスは自分の施工経験記述をベースに作文を代行してくれるのはもちろんですが、ゼロベースから施工経験記述の作文作成を代行してくれるそうです。

記述添削サービスはこんな方におすすめ!
  • 現場の実務に乏しい方。
  •  現場の実務は豊富であるが、指導監督的立場においての工事経験の少ない方。
  •  国家試験または施工管理試験の初受験の方。
  •  過去に幾度か受験はしているものの、どうしても合格できない方。
  •  受験する試験種別が本業と違い、現場での実務の記憶が薄らいでいる方。
    (例えば、主に建築の従事者が管工事や造園の試験を受ける場合、またはその逆の場合)
  •  実際に携わった工事の多くが遠い昔で、現場のイメージがうまく湧かない方。
  • 文章の苦手な方。自信のない方。

まとめ 解答速報は早くて翌日には発表されます。

再掲しますが、下記ホームページを参照ください。

解答速報はこちらのページで見ることができます。

良い結果が出るといいですね。

頑張ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる