電気工事施工管理技術検定2次検定合格完全ガイド

  • URLをコピーしました!

一次検定に合格した方、おめでとうございます。

二次検定も独学で合格したいと考えている方、記述式の解答が苦手な方、いらっしゃると思います。

そんな悩みに答えます。

結論から言いますと、二次検定の記述式も独学で合格することは可能です。

本記事はこんな方におすすめ
  • 電気工事施工管理技術検定二次検定に独学で合格したい方
  • 過去問集テキスト代位のお金しか払いたくない方
  • 勉強時間の確保が難しい方
  • 令和3年度からの新制度についても知りたい方

この記事を読むことで以下の事がわかります

  1. 効率よく勉強する方法
  2. 二次検定の最適な勉強法

結論から言うと記述式でも独学で合格できます。

この記事に書いてあることを行えば誰でも施工管理技士試験に合格することができます。

『初めて試験を受ける人』や、『忙しくて勉強がなかなかできない人』は是非記事の続きを読んでくださいね。

◆筆者の実績・プロフィール

施工管理技士、現場監督
  • サブコン勤務20年以上
  • 1級管工事施工管理技士をはじめ、建築・電気工事・電気通信と4項目取得
  • 技術士1次試験合格
  • 消防設備士(甲種1類)
  • 建築設備士1次試験合格
  • あと施工アンカー技術管理士
  • 現場代理人・監理技術者として官民含めて多数の建設工事を歴任
  • 病院、庁舎、ショッピングセンター、学校など幅広く建設工事に関わっています。
ぶたろうです

令和3年度から試験制度が変更となっています。

【一次検定対策】

【過去問集めています】

目次

施工経験記述がカギ!合格できる勉強方法はコレだ

問題ごとの詳細を説明する前に、二次検定での最適な勉強方法を説明します。

二次検定勉強方法のまとめ
施工経験記述

記述代行作成や添削サービスを利用して施工記述の作文を完成する

学科専門記述

各分野の記述は書いて暗記する

試験の最難関は「施工経験記述」であり、ここに勉強時間をかけずに「外部に委託」し、その他の勉強にあてることで多忙な技術者でも合格に近づけるというやり方です。

ここからは施工管理技士資格の概略と各分野の勉強方法について説明していきます。

1級電気工事施工管理技士とは?

電気工事の施工計画、現場での施工管理など、現場を指導・監督するための技術資格です。

建築や管理に関する幅広い知識を持つ証明になり、建築物の質や安全面の向上など、

建設工事を適正に行うことに役立ちます。

二次検定(実地試験)の出題方式


一次検定(学科試験)に合格すると、二次検定(実地試験)に進みます。

実施試験は記述式で以下のような形式となっています。

  1. 問題1 施工経験記述の作成
  2. 問題2 電気工事(一般記述)
  3. 問題3 工程〔ネットワーク工程〕
  4. 問題4 電気工事に関する用語説明
  5. 問題5 法規

をもとに記載しています。

問題1 施工経験記述の作成

経験記述問題(必須問題)

工事概要を記入するとともに、次のどちらかについての対策を記入させる問題が出ています。

  • 工程管理や安全管理に関すること
  • 墜落災害や飛来落下災害など労働災害に関すること

今年は工程管理・品質管理・安全管理に留意したほうがいいかもしれません

私が受験した時に勉強してメモした内容をnoteにて公開しています。
一発合格だったので内容として参考になると思います。

問題2 電気工事(一般記述)

電気工事全般から出題

問題2では電気工事に関する語句について、与えられた語句から2つ選び、

  • 品質管理
  • 安全管理

について記述する問題です。

基本的には過去問から語句を予想して覚えておくのが良いでしょう。

問題3 工程〔ネットワーク工程〕

工程〔ネットワーク工程〕

電気工事に限らず、どの種類の施工管理技士でも出てくる問題です。

過去問対策をしっかりやっていきましょう。

問題4 電気工事に関する用語説明

電気工事に関する用語説明

選択欄から4語句をえらび、技術的な内容をそれぞれについて2つ具体的に記述する。

過去問や問題集を活用しながら、何度も書いて覚えるしかありません。

書ける語句を分野ごとにいくつかストックできるように対策したいですね。

問題5 法規

法規

建設業法、労働安全衛生法、電気事業法など電気工事に関する法規についての穴埋め問題。

二次検定(実地試験)を独学で合格するための勉強方法

経験記述の出来が合格につながる

実地試験の配点は60点満点の減点方式です。

基準は公開されていませんが、経験記述の配点が高いと想定されています。

現場での経験や技術力があるかを判定しているためですね。

ぶっつけ本番で問題をみて回答するのは絶対ダメ!

自分自身の経験と模範解答の書き方を上手くミックスして色付けする

テクニックが減点を最小限に押さえるコツです。

詳細は別の項目で書いています。

経験記述以外の問題は1冊3,000円程度の過去問題解説集を買って

繰り返し書いて覚えるのが鉄板の勉強方法です。

よく見ると出題パターンがあるのがわかります。

1年おきに出題されたり、問題が入れ替わったりしています。

ある程度ヤマを張れるのですべての分野を覚えようとしなくても大丈夫。

経験記述以外の問題は過去問で対策できる。

問題1 〔設問2〕

過去の傾向から大まかな説明内容を書き留めて覚える。

  1. 工程管理や安全管理に関すること
  2. 墜落災害や飛来落下災害など災害に関すること

のどちらかが出そうというのは傾向からつかんで、経験記述の現場に当てはめた想定解答を作っていきましょう。

問題2

安全管理または品質管理の解答パターンを作っていきましょう

過去問をなぞって想定するのが良いです。

  1. 機器の取り付け 
  2. PF管の施工

など例えば今年の問題の語句について

安全管理なら〇〇、品質管理なら〇〇などの想定解答を作り、書いて覚えましょう。

施工管理(工程)

ネットワーク工程表の問題が連続して出題されています。

おそらく今後も同じ傾向だと考えらます。

ある工事における「作業内容」を答えたり、

ネットワーク工程表における「所要日数」「フロート」などの記述、

空欄を埋める問題「人数を記入」などが出題されています。

学科試験でもネットワーク工程表の対策はされていると思いますので、

理解されている方にとっては問題ない部分でしょう。

過去問題を何度もやれば大丈夫ですね。

問題5 法規

これもなかなか出題範囲が広いですね。

  • 建設業法
  • 建築基準法施行令
  • 労働安全衛生法
  • 電気事業法
  • 電波法

それでも過去問題を見る限り、同じ法令から出題されていることも多いです。

対策ポイント
  1. 過去問を中心に解いて理解する
  2. 過去問の条文の問題の中の他の語句・数値も記憶する
  3. 同じ条文の同じ項も余裕があれば理解しておきたい

施工経験記述は外部委託で時短!

施工経験記述は独学のみでなく、第三者の添削を受けることを勧めます。

得点配分も高く、施工経験記述の出来が合格を左右します。

以下のような能力を判定されます。

  • 自分の経験を簡潔な文章で表現できているか
  • 経験を具体的な数量で示すことができるか
  • 技術者としてふさわしい文章力を備えているか

テキストを丸写ししても、自身の経験が具体的に内容に入っていないと失格になることもあります。

そういったことを考えると、現場仕事で忙しい技術者におすすめするのは施工経験記述添削サービスを利用することです。

\ いまなら割引特典あり! /

作成した文章をしっかりと添削をしてもらうことで、指摘と修正を繰り返し、解答に磨きがかかることで高得点が狙えます

添削サービスについては以下の記事で詳しく紹介しています。

問題集を出版しているGET研究所ではテキストを購入した人は3,000円で経験記述の添削をしてくれます。

地域開発研究所の実地講座に申し込めば、早期申込特典として施工経験記述の添削サービスがあります。

通信講座のSATの施工管理技士講座では標準で施工経験記述の添削サービスを行っています。

経験記述の他の分野も学びたいのであれば通信講座をオススメします。

SATについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

\ Eラーニングで合格をつかもう! /

まとめ 

1級電気工事施工管理技士実地試験を独学でクリアするポイントを以下にまとめました。

合格へのポイント
  1. キモは経験記述
  2. 問題2から5は過去問で対策できる。暗記ノートを作る。
  3. 経験記述は添削サービスを利用して作文を完成させる。
  4. 全然書けない人は作文代行サービス

「急がば回れ」です。地道に頑張るのが合格への近道です。頑張ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代設備工事現場監督
1級建築・管工事・電気工事・電気通信施工管理技士をもつ現場所長。

このブログでは自身の経験を元に
・施工管理技士を中心とした資格の勉強方法
・具体的な記述試験の解答例の提示
を記事にしています。
独学で合格が理想で、そのお手伝いができる記事を
提供していきたいと思います。

ダイエット関連はサブブログに移転しました。
http://live.butarou.net/

目次
閉じる